[ 検討する機会があったのでメモ ] フランスにサーバーを置く

2020.03.03

問題はEU・アメリカなど距離のある国へコンテンツを素早く表示したい場合、どうしても日本のサーバーを介すと表示速度は低下します。
※技術的な説明は抜きにしても通信距離が一番のネックとなっています。
これを解消するために最近流行りの二つのクラウドサービスを検討しました。

距離の観点からの比較

東京のサーバーから世界中にキャッシュさせる方法も考えられますが、やはり通信距離が大事です。

企業毎にサーバーを置きやすい国があるようですね。

月額料金から比較

気を付けたいのがクラウドサービスのほとんどは転送量による課金制である事と、MySQLを利用する場合は別サーバーを用意しなければならず。
一般的なCMSベースでの開発を行うと少なくとも倍以上の月額料金となる事です。

これについては、いくつかの解決策がありますが記事の内容が変わるので別で書こうと思います。